ケーススタディ特集

データも公開!「シャンプー」のケーススタディを集めました



 過去に掲載した「シャンプー」のケーススタディをご紹介します。

シャンプーのケーススタディでは、生活者が継続購入に至るまでの顧客体験をこれまでに4件掲載してきました。
生活者の課題として対自分向きの課題や、対他人向きの課題みなどがみられます。そんな課題を持っている生活者が、どのような施策に触れて商品の購入に至ったのか、シャンプーがどのように悩みや課題を解決してくれたのか、商品に価値を感じたきっかけや、商品を使うことで起こった生活の変化などをまとめております。

 

顧客体験の解説 | シャンプー |「アンファー スカルプD」から学ぶSNS施策事例
写真

このケーススタディで紹介する生活者は、毎日のシャンプーの時に育毛に役立つことをして若さを保ちたいと考えている53歳の男性です。この方はSNSの投稿から自分向きだと感じた商品を、後日TVCMで見かけたことで新規購入に至っています。この顧客体験を通して、「SNSで情報を提供しつつ、TVCMへの出稿を組み合わせることで新規購入を促す」までのストーリーを学んでいただければ幸いです。



写真

このケーススタディで紹介する生活者は、どのシャンプーも肌に合わないし、くせ毛のせいで朝の準備に時間がかかってイライラすると感じている46歳の女性です。この方はコスメサイトの口コミを見て、肌に優しくいい香りがしそうだと感じて新規購入に至っています。この顧客体験を通して、「実際の利用者の評価を参考にしてもらい購入への障壁を下げることで新規購入を促す」までのストーリーを学んでいただければ幸いです。



写真

このケーススタディで紹介する生活者は、周りの人に自分の頭皮のにおいで不快な思いをさせたくないと不安に感じている53歳の女性です。この方は商品パッケージを見て悩みを解決してくれそうと感じ、公式HPを見て商品を理解して新規購入に至っています。この顧客体験を通して、「商品パッケージで興味獲得し、公式HPで商品理解に繋げ新規購入を促す」までのストーリーを学んでいただければ幸いです。




写真

このケーススタディで紹介する生活者は、頭皮のにおいが気になり頭皮に良いシャンプーを使いたいが、髪がきしむシャンプーは使いたくないと考えている51歳の女性です。この方は商品のTVCMに信頼できるモデルが起用されていたこと、商品パッケージに魅力を感じたことにより新規購入に至っています。この顧客体験を通して、「生活者の悩みを解消できる商品であることを起用モデル、商品パッケージでイメージさせることで新規購入を促す」までのストーリーを学んでいただければ幸いです。


▼上記のケーススタディではとりあげなかったシャンプーのアンケート回答データをダウンロードできます。
(ダウンロードにはログインまたは会員登録(無料)が必要です。)